はじめに

za2000113.jpg ~なるるからのお願い~
 飽くなき探求心へようこそ!
 このブログは株式会社セガ様より、正式サービス中であるオンラインゲーム『PHANTASY STAR ONLINE 2』のゲーム内スナップやプレイ動画などの掲載を目的としています。

 記事の内容は筆者自身が見てもひどいの一言に尽きるので、それを踏まえた上で、閲覧の際は生温かい目で見守って頂けたらと思います。
 再三の注意事項となりますが、読む事で何か情報を得られたりすることはほぼありません。当ブログは読むだけ時間の無駄です。それでも尚、読みたい! と言う殊勝な方のみ閲覧を推奨させて頂きます。
 当ブログを閲覧した際に失われた時間の責任は一切出来かねますのでご了承ください


 当ブログを閲覧し、嫌悪感を抱く方がいらっしゃるかもしれませんが、キャラ批判やブログへの誹謗中傷などのコメントは控えて頂けると幸いです。
 それでも尚、キャラ批判コメントや誹謗中傷コメントをされた場合は問答無用で該当IPを拒否させて頂きます。

 なお、キャラのレシピなどは一部を除き、基本的には公開する予定がございませんので、あらかじめご了承ください。

 ブログ内に掲載されている画像の大半は、クリックすることで画像がポップアップする仕組みとなっています。画像を原寸大で表示させたい場合はマウスの操作などで「画像を新しいタブで開く」や「画像のみを表示する」などで対応して頂ければと思います。

 これらを踏まえた上で、楽しく閲覧して頂ければと思います。

 以上、「なるるからのおねがい」でした!

[FF14]俺の親父がエオルゼアを救う訳がない!

ffxiv_20150207_013803.jpg

 この物語はフィクションのような、ノンフィクションのような作品です。

 現実で起こった出来事などを参考にある程度、話に着色をして制作しております。

 内容は至って酷い内容であるため、閲覧の際は「生温かい目」で見て頂ければと思います。

 文章だけです。殴り書きです。場合によってはステマのように感じられるかもしれません。耐えられる自信の無い方や、そう言う気分になりたくない方は読まないことを推奨します。

 それらを承諾した上で、続きから本編へどうぞ。



 我が父はゲーマーである。

 最近は惰性でMMORPG「ファイナルファンタジー14」をプレイしている。

 口では「飽きてきたなー」と言いつつ、今日もまたレベリングに勤しみ、気付けば筆者である私より、レベルをカンストしているクラスが多いと言う状況になっている。

 父もこのFF14と言うゲームに慣れてきたのか、ロールと言うものに理解を示し、よく「ヒーラーとタンクは大変だよなぁ」と漏らすことがある。

 曰く、「タンクは初見で予習が必須とかゲームとしておかしい」や「ヒーラーさんはPTの命を預かるから責任が重すぎる」と。そして決まって最後には「そりゃあタンクとヒーラーの人口は少ないし、誰もやりたがらないよな」そう〆る。つい先月始めたばかりの父も、もはやある種の玄人のようなセリフを言うことが多くなっている。

 とはいえ、ネトゲ初心者である父ではあるが、長年数多くのゲームをプレイしてきた父ならば、よくよくそのセリフが出て来てもおかしくはない、と納得するところであるのだが。

 さて、そんな父なのだが、つい数週間前に

エオルゼアの英雄となった。

 と、大袈裟に書いたが、これは単純にメインクエストをクリアした、と言うだけの話である。

 FF14と言うゲームからしてみれば、ここからが始まりである。

 メインクエストを進行することにより、ゲームプレイに慣れ、慣れたところでエンドコンテンツ、やろうか。と言うのがこのゲームである。

 英雄となった父もまた、これからエンドコンテンツをプレイしていく。

と、思っていたのだが……。

 どうにも、エンドコンテンツには余り興味が無い様子で。レベリングを続ける日々となっているのである。

 しかし、このままではまずい。

 何故ならば、読者様方もお気づきの通り

父がゲームを楽しんでプレイしている訳ではない

 と言うこと。

 これはなかなかどうして。問題である。

 と言うのも、このシリーズ。大事なのは父が楽しくプレイし、そこから生まれた面白い状況をネタとして、記事を書いていくと言うものである。

 つまるところ、父が楽しくプレイしていてくれなければ、記事を面白く書く、と言うのは難しい。

 そこで、私は考えたのである。

俺の親父に伝説の武器を手に入れてもらおう!

 FF14のエンドコンテンツの一つに「レリック」「ゾディアックウェポン」と言うものがある。

 簡単に説明すると、レリック、と言うのはジョブ専用の武器で、それを入手し、強化していくことによってゾディアックウェポンとなり、現状最強の武器(?)となる、と言うもの。

 最強の武器、と言うものに惹かれるのはRPGプレイヤーの性である。父の好奇心を刺激し、楽しくプレイさせる方法としてはこれの他にはないだろう、と私は考えたのだ。

「おとん、強い武器欲しくない?」

 と、軽くジャブ。

「うん? どう言うこと?」

「レリックって言うエンドコンテンツがあって、それやると強い武器が手に入るん」

「ほう……」

 あまり強く食いついてこないことを察し、現物の名前を出してみることにした。

「竜騎士だと……ゲイボルグが手に入るよ」

「……、キュアンの武器?」

 ……、ファイアーエムブレム……!?

「いや、キュアンじゃ……。キュアンの武器だけども。でもそうじゃなくて」

「アルテナ? アルテナのほうだった? キュアン、イード砂漠でやられた後の話だった?」

「どっちでもええがな!」

「しかしそうか……。ゲイボルグか。所持者に不幸を招くあの武器がな……。それは欲しいな。キュアンの武器。どうやればいい?」

 なんか偉く中二っぽい雰囲気が漂うけど大丈夫なのだろうか、この父。

 されど……。

食いつきは悪くないと見た……!

 まさかファイアーエムブレムに助けられるとは思わなかったが、なんにせよ、父が興味を持ったのは間違いない。と言うかどんだけゲーム脳なんですか、我が父は。

そして始まるゲイボルグへの道

 しかし、この道がなかなか険しい道である。

 頑張ればすぐなのだが……。何せクエストの内容に幾度かの討伐戦やID攻略が含まれている。

 ご存じの通り、我が父はコミュニケーションを未だに取らない人間であるが故に、PTを組む、と言う行為の難易度がベリーハード、或いはエクストラハードの部類なのである。

 ましてや、ロールはDPS。オートマッチングであるCFを用いたとしても、そのクラスの人口密度次第では待ち時間が30分などざらである。

 とすれば、私が手伝うのが最も効率がいい。

 と言う訳で。

俺と親父がドルムキマイラと戦う訳がない!

 このドルムキマイラ、レリッククエストの最初の課題である。

 と言っても、然程難しいものではない。最近では熟練の冒険者たちが多いため、難なくクリアすることが出来る。

 何度か父が床を舐めた気がするが、まぁ、それはそれ。装備のアイテムレベルが低いため、耐久も相応に低い。故に仕方の無いことなのである。

 ともあれ、凡その予想通り、ひとつ目の課題であるドルムキマイラ戦をクリア。

 次の課題はIDの探索。目的地は「古城アムダプール」そこで石板を取ってこい、と言うもの。

 丁度、私と件のメイド様も別の目的で古城アムダプールへ行かなければならなかったため、父も一緒でいいか、とメイド様に尋ねたところ。

「挨拶する時、『よろしくお願いしますね、お父様』と言っていいですか?」と、聞かれたが、さすがに恥ずかしいので全力でこれを止める。

 ともあれ、同行の許可も得たので、残る一人はCFで補充し、いざ古城アムダプールの攻略へ。

「ここは何かギミックとかある?」

 と、父。

「んー。最初の中ボスは適当でもいいけど、二回目の中ボスはあれよ、デモンズウォール」

「……、懐かしいな。FF4とFF7とFF12か」

 よく覚えてるな、と感心する。

「そそ。デモンズウォールの攻撃でノックバックするんだけど、両脇が落とし穴になってて、落ちたらだめね。タイタンとかとギミックは同じ。落ちたら復帰は開始地点に戻らないとだめ。攻略としては、常にデモンズウォールと正面で向かいあってる状態にしてれば大丈夫だよ」

 と、説明。お察しの良い読者様ならこの後の展開も解かって頂けるだろう。



























まさかのメイド様がノックバックで落とし穴へ

 予想外の出来事に

「ふぁ!? ふ、○○○○!?」

 と思わずリアルで口走る私に、父が「え? え?」と困惑。

 ヒーラーの離脱。これは……! と思いきや、然程強い部類ではないボスのため、難なく勝利。

 その後、謝罪するメイド様の様子をニヤニヤと見守る私に父がどう思ったかは私の知るところではない。

 そんな古城アムダプール攻略の最後の道中で調子に乗った私が敵を集めすぎ、父と、もう一人のDPSさんが範囲攻撃に巻き込まれ、死んでしまい、開始地点に戻ると言う出来事が起こった。

 DPS二人がいないものの、敵の処理を終え、二人が戻ってくるのを待つ私とメイド様。

 最初に戻ってきた父が「いやぁ、失礼しました」と何故か私に敬語で謝罪し、ゲーム内でエモート。

俺の親父が……お辞儀した……!?

 初のコミュニケーションに動揺する私。

「お、おとんが、エモート!? エモート!?!?!?」

「したらだめだった?」

「いや、全然いいです! 是非してください!」

 しかし、これにメイド様、気付かず。後に「おとんが初コミュニケーションとってた……。死んで戻ってきたとき、お辞儀してた」と、クリア後に話したところ「え、そうでしたっけ?」とメイド様から返ってきた時は思わず笑いがこぼれた。

俺の親父の初コンタクト、無事スルーされてた!

 ともあれ、古城アムダプールのラスボスも特別難しいこともなく。ほぼゴリ押しで勝利。無事、父も目的を果たしたところで攻略を終えた。

 その後、さらにレリックの課題でハイドラ討伐戦へと向かう、私と父、そしてメイド様とPT募集で募ったお手伝い様たち。

 これもまた難なくクリア。

 ここまでがレリックの中盤と言えよう。

 さらにこの後、真・蛮神戦の、真イフリート、真タイタン、真ガルーダの攻略をし、ようやく父の念願であるキュアンの武器「ゲイボルグ」が手に入る。のだが……。

父、ここでレリックを後回しにする(白目

 気分が向かないのか、なんなのかはわからないが、他のサブクエストを見つけ、それらをプレイし始める。

 一体どういう心境の変化があったのか、察するには余りにも情報が乏しい。

 とはいえ、いつも気まぐれにプレイしている父である。そのうち、またレリックを再開するであろうと考え、今は自由に遊んでもらうこととする。

 そんなわけで、次回。

「俺の親父が真・蛮神と対峙する訳がない?」

to be continued


コメントの投稿

非公開コメント

FFおもしろそう。

なんかなんだろう?
ここ読んでると始めたくなったりするよね。

そっちの世界に興味を持ってきたかもしれない!?

ミサP父と遊んでみたいとこある。
先輩プレーヤーにいろいろ聞くというオンラインならではの遊びをしてみたいw

ゲーマースペック高!

過去作品のデーターがすぐ思い出すとか、凄いw
コミュニケーションも進歩しているし、フレンド増えてたりして。

ほんと楽しそうだな~

私は、『ICARUS ONLINE』のoβを期待w

PCのスペック次第だけど^^;

>>ける

コメントありがとうございます!

今更ながらコメントの返事を……!
えっと、件のFFやけどね……

はじめないほうがいい!!! とだけ!!!
トライアル版ちょっとやってみて、ハマったらやればええと思うけど、決して私はお勧めしない!!!


>>アドニスさん

コメントありがとうございます!

今更ながらコメントの返事を……!

残念ながらそんな父はFF14に飽きてしまい、今はGTA5とかやってます^q^;

ブログ内検索フォーム
アンケート
プロフィール

みさP@ブルマ少佐

Author:みさP@ブルマ少佐
ゲーム好きの変態です。
趣味は料理とPC弄り。
イラっと来たら煮物を作って解消します。
好物はオムライス。自分で作るオムライスが一番おいしい!

PCは十代の時に一回自作したことがあり、新しいPCを買って改造したり、友達のPCを修理したりして楽しんでます。

最近は副業で作家を目指しているため、現代ファンタジーを書いて個人的に楽しんでます。

連絡を取りたい方はこちら↓
Skype「misamisa-0805」
(通話はあんまり出ません。基本チャットでお願いします。

バナー

バナー

リンクフリーですが、一声かけてもらえると相互とか出来て楽しいです。

キャラ紹介
1stキャラ:なるる
種族:ニューマン♀
CV:花澤 香菜
(女性追加ボイス04)

2ndキャラ:遠藤 さくら
種族:ヒューマン♀
CV:門脇 舞以
(女性追加ボイス19)

3rdキャラ:るきの
種族:デューマン♀
CV:植田佳奈
(女性追加ボイス28)

4thキャラ:みるる
種族:ニューマン♀
CV:田村ゆかり
(女性追加ボイス69)

5thキャラ:じ~な
種族:キャスト♀
CV:水橋かおり
(女性C追加ボイス113)

6thキャラ:リオ
種族:ヒューマン♂
CV:櫻井孝宏
(男性追加ボイス38)

pso20151211_035306_006.jpg 7thキャラ:のるん
種族:ニューマン♂
CV:伊瀬茉莉也
(男性追加ボイス43)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク